土地を査定してもらう

不動産の売却を考えているのであれば、何をすべきかはいろいろとあります。見積もり査定をしておくことが家を売るときに大切なことです。書類を用意するのももちろんですが、そうした「必ず行わなければならない事柄」ではなく、行っておくと便利になるようなことは何か。それを行わないからといって決して罰則があるとか、売却出来ないというわけではないものの、行っておくことで売却を有利に運ぶことが出来るようになることもあります。ではそれはどのようなことなのか。いくつかありますので、お話するとします。

■土地を査定してもらう
これは不動産売却の第一歩と言っても良いかもしれません。売るとなれば出来れば高く売りたいと思うものです。また、値段云々ではなく、どれくらいになるのかある程度目星をつけておきたいとも思うものです。 これが解っていると、売却も捗るとされているのですが、不動産価格はなかなか解らないものです。ましてや日常生活の中で不動産に関わっていない人は、価格がどのようにして付けられるものなのかが解りません。 そのため、目星が付かないおかげで業者から提示された額も正しいものなのか、適正なのか。あるいは吹っかけられているのかが解りません。そこで査定です。 土地の査定をしてもらう事で、価値が解ります。一つの判断基準が出来るのですから、その後の交渉に於いても、業者の言い分を客観的に考える事が出来ます。 査定してもらい、価値を知れば業者の言葉が本当かどうか。お客をだますためのものなのか、あるいは本音なのかも自分だけで解るようになります。

■周辺事情を調べる
周辺事情というのは、周辺の開発状況です。新しく何かが始まるかどうか。この情報を入手しておけば、売却の交渉の際の材料になります。 不動産価値は、周辺環境によって大きく異なってきますので、情報を得ているかどうかによって、交渉そのものが大きく変わってくるのです。 周辺環境によって土地への需要が変わります。便利になると思えば需要は高まりますし、他の方が便利だと思えば需要は下がります。 需要次第で価値が変わってくるのですから、需要がどうなるのかを自分自身で把握しておく事もとても大切な事と言えるでしょう。

不動産の売却は何かとエネルギーの必要なものです。古本屋でリサイクルするのとは訳が違います。 業者に任せきりにするのではなく、自分自身である程度調べておく事で、交渉そのものはもちろんですが、業者の言葉が真実なのか営利なのかも見えてくるようになります。